代表挨拶

現在、日本で福祉という分野は社会的に非常に大きな課題として語られる事が多くなってきたように感じます。私が介護福祉の門を叩いたのは高校卒業して専門学校に入学した時になるので、約20年前になります。その頃はまだ介護を仕事とするというイメージが一般的では無かったような時代だったように思います。
 そのような時から福祉を仕事とする中で、この度会社設立に至った経緯を挨拶に代えさせて頂きます。
 最初に勤めた病院では、回復期リハビリテーションと出会い、仕事に対する喜びと楽しさを感じる事が出来ましたが、同時に在宅介護を知らない自分が在宅復帰を目指す患者様に対してできる計画には限界があるように感じ、その後は在宅サービスに目を向けるようになりました。通所介護の生活相談員、訪問介護のサービス提供責任者兼管理者といった立場から、もちろん多くの現場も体験してきましたし、同時期に障害者・児の方達との関わりもあり、私にとってはかけがえのない経験となっている事も付け加えさせて頂きます。
 その後、老人保健施設やリハビリテーションクリニックでは職員教育に力を注ぎ、通所介護の管理者として事業所経営や運営の難しさを味わいました
 通所介護の勤務中に介護福祉士教員講習を修了し、介護福祉課の専任教員となりました。専門学校では、現場の求める人材と教育現場の育てたい人材の質の違いを知りました。
 新人教育、中堅教育、資格取得者教育、どれか1つに集中してしまうと、その場限りの教育で終わります。実際に勤める事業所研修も含めた全ての教育に包括的に関わる事で、時代に合った教育をし、同時に現代福祉の課題である地域福祉に目を向けるような事がしたいという漠然とした思いがあり、これを実現させる事こそが私の歩んだ福祉道を生かす最良の手段と感じました。
 確かに日本の福祉には多くの課題があります。それを遠巻きにどうにかして欲しいと望む立場ではないと覚悟を決め、専門学校からの同じ志を持った鈴木真と共に介護業界発展の為、会社設立に至りました。
 福祉に困った時に、どのような事でも頼れる会社であり続けたいと思っていますので、今後とも宜しくお願い致します。

株式会社まこじろう福祉事務所
                       代表取締役  朝倉治郎